想いにふれる メイドイン

梅雨入りしたね。傘を忘れずに~!

column

June 09, 2023

マヤ暦で知る「私は〇〇の天才!」
▶紋章Ⅶ 青い手


「時間=エネルギー(の流れ)=マヤ暦」
数学と天文学、自然との調和に優れたマヤの人々は
天体の巡りや宇宙の波動が
人間に大きな影響を与えていると感じていました。

マヤ暦シリーズ第五弾では、
あなたの才能について、お伝えしていきます。

by Sakura

画:tata-ta


◆◆『青い手』(Manik:マニーク)◆◆
手から溢れる優しいオーラで、人の心を癒す天才!



マヤ暦には20の紋章がありますが、
それぞれが大きな才能を持っています。

『青い手』は神のごとき優しい手の持ち主。
人の心も癒せる天才です!

2023年6月9日は、
優しさ溢れる『青い手』のエネルギーが流れる日です。
この癒しのエネルギーはこの後、
6/29、7/19、8/8 etc…と20日ごとに巡ってきます。


「人はみんな、何かしらの天才!」

私は〇〇の天才?それを知っているだけで人生の選択が変わるかもしれません。
マヤ暦コラム新シリーズは「人はみんな何かしらの天才!」がテーマです。

自分が子供だった頃、、
周りの人から言われた言葉がずっと心に残っていることはありませんか?
あるいは自分では短所だと思うことも、周りから見たら凄い才能だったり…。

自分の才能に気づけるかどうか、
それを活かせるかで、人生は大きく変わります。
それが分かれば、きっと奇跡だって起こせます。
あなた自身の才能、生まれてきた目的、役割を知ってほしいと思います。
人はみんな、
何かしらの天才なのだから。




『青い手』は神のごとき優しい手の持ち主、人の心を癒す天才!


キーワード:「癒し」「理解し把握する」「分析力」「チャンスを掴む」

『青い手』のことをマヤ語ではManik:マニークと言います。
癒しの「手」とチャンスを掴む「手」の両方の意味を持ちます。

マヤ暦には20の紋章と4つの色があります。
1番目の紋章『赤い龍』から始まった成長のプロセスは、
前回の『白い世界の橋渡し』から外の世界と関わるサイクルに入りました。
7番目の紋章『青い手』では人に触れ、感触と手応えを感じるようになります。

20の紋章の中で最も心優しく、慈愛の精神に溢れている『青い手』。
柔らかなオーラで相手を優しく包み込み、
献身的に尽くすことが自分自身の喜びにも繋がっていきます。
人を救い、幸せな気持ちにすることが出来るヒーラーのような存在、
そんな『青い手』は人の心だけではなく、
チャンスと幸運をも掴みとる「手」を持っています。
望んだ未来を手にする秘訣は、何事にもひと手間かけること。
人が見ていないところで、どれだけ努力できるかどうかも大切です。
丁寧にひと手間かける時間は“愛”を表現する時間になるのかもしれません。
周りに優しくできる人ほど、きっと幸運を引き寄せやすいのでしょう。



■Sakura’s pick up!

1969年、人類が初めて月面に降り立つことに成功したアポロ計画。
あまりにも有名な宇宙飛行士ニール・アームストロングも
『青い手』の紋章を持っていました。
厳しい訓練を経てアポロ11号の船長に選ばれた時に決め手となったのは、
人の心をとらえる魅力的な彼の笑顔だったそうです。
『青い手』はチャンスを掴みやすい紋章ですが、
そのためには開いた「手」と「心」であることが大切。
自分の中の狭い価値観や先入観を捨てて、新しい世界を楽しむことです。
ニール・アームストロングが宇宙から見つめた地球は
自分の手の中にすっぽり入ってしまうほど小さくて衝撃を受けたそう。
地球ではなく、自分がとても小さな存在に感じたと語っていましたが、
まさに新しい世界の扉が開いた瞬間だったのではないでしょうか。


人は生まれながらにして、何かの天才です。
自分が何の天才なのか、どんな目的や役目を持って生まれてきたのか
「マヤの叡智」に触れて、知ってほしいと思います。

*マヤ暦の「紋章」は、WEBサイト等でも、気軽に調べることができます。
「マヤ暦/無料」などで検索してみてください。※生年月日が必要です


>>>マヤ暦 天才シーリズ▶紋章Ⅷ『黄色い星は、
2023年6月30日更新予定です。





■■マヤ暦とは・・・■■

「マヤ暦」とは、約4000年前の古代マヤ文明で神官が儀式を司るとき用いた260日周期の神聖暦のことで、
マヤ暦 研究の第一人者・ホゼ博士が提唱している『13の月の暦』が、今では一般的なマヤ暦としてよく知られており、

毎日の異なるエネルギーを、20の「太陽の紋章」と13の「銀河の音」を使い、1年のサイクルを260日の「Kin」で表しています。
「時間=エネルギー(の流れ)=マヤ暦」
数学と天文学、自然との調和にとても優れていたマヤの人々は、
天体の巡りや宇宙の波動が、人間に大きな影響を与えていると感じていました。
宇宙からのメッセージを自由に感じることは、とても楽しく大切なことです。
日々のエネルギーを感じ取るための、一つの指標にしてくだされば幸いです。
■マヤ暦関連のバックナンバーはコチラ →



■■プロフィール■■
●関 友美(Sakura)…アロマセラピスト。マヤ暦鑑定士。
カウンセリング重視のアロマセラピスト『Sakura』として活動中。鹿児島県出身、霧島市在住。
学生~社会人時代と福岡&東京で過ごし、イベンター、レコード会社のプロモーター、情報・出版、芸能マネージメント業などに携わる。
多くの人との出会いの中で、様々な問題や悩みに触れ、相談を受けることも多数。癒しの大切さを知り、ヒーリングを学び始める。
日本アロマ環境協会・認定アロマセラピストの資格を取得。
聴覚障害特別支援学校の児童に向けたアロマセラピー他、出張セラピーやワークショップ等を行なう。
メンタルケア、カウンセリングの手法として、マヤ暦やタロット鑑定を用いた独自のセラピーも人気。
■Sakuraのバックナンバーはコチラ →





自分のマヤ暦プロフィールを知りたい方へ・・・
[Sakuraの「マヤ暦鑑定書」のご案内]



ご自身の紋章、人生におけるそのエネルギーの影響と宿命など、
もっと深く知りたい方のために、Sakura×『MADE IN…』による、
あなただけの「マヤ暦鑑定書」をお作りしています。
ご希望の方は、こちらの【お申込み方法】をよく読んでお申し込みください。 →