想いにふれる メイドイン

column

February 29, 2020

ひとしずくの台湾 ーMade in Taiwanを探しにー
drop17 「ロマンチック台三線芸術祭」から生まれた 新たなアートスポット
〈後編〉〜新竹・北埔&苗栗・大湖〜

福岡市在住フリーランスライターが綴る
「Made in TAIWAN」をテーマにしたアレコレ。
仕事でもプライベートでも、何度でも訪れてしまう台湾の魅力を
ゆるゆると発信します。
by arei maeda


 


drop17 「ロマンチック台三線芸術祭」から生まれた

新たなアートスポット〈後編〉〜新竹・北埔&苗栗・大湖

 

後編は、桃園から南下し、新竹県の北埔 (ベイプー)と、
苗栗県の大湖(ダーフー)まで足を延ばしました。


新竹(シンジュー)県 北埔 (ベイプー)エリア
北埔は、高鉄「新竹駅」から観光バス「台湾好行」の「獅山線」が運行されているので、
足を運びやすいエリアです。台北駅から新竹駅までは高鉄(新幹線)で約1時間。
新竹駅から『北埔老街』まではバスに乗り40分ほどで到着です。



赤レンガの町並みが200メートルほど続き、路地散策が楽しい北埔 (ベイプー)。
お廟や『姜阿新洋館』といった7つの史跡巡りが徒歩圏内ででき、
客家の人たちの暮らしと歴史が色濃く残る地域です。

入り組んだ路地は、先住していた人たちとの争いを避けるための知恵

 

 

 

ひと昔前の町の様子や住民の暮らしぶりがわかる写真の展示が、
町並みにとけ込み、昔と未来とを繋いでいます。

北埔で人気を博したのが、路地裏を歩きながら
「ウォーリーを探せ」ならぬ「9体の小人を探せ」!

 

さて、どこにいるでしょう?

 

 

 

これらは、スペイン人アーティスト、Isaac Cordal作『街道物語』。
監視カメラの上に佇んでいたり、農民と思わしき人が携帯電話を手にしていたり、
現代社会へのアイロニーを滲ませたアートと町歩きを融合させたもの。
独特の視点がユニークでした。

1946年から3年の月日をかけて建てられた『姜阿新洋樓』(土日は入館料50元)

 

 

見事な彫刻と色彩が艶やかな廟『慈天宮』をはじめ、製茶ビジネスで栄えた姜一族が
贅の限りを尽くした中国×西洋の歴史建築『姜阿新洋樓』などの古蹟も一見の価値あり。

散策を楽しみながら、客家独自の料理や
もてなしのお茶とされた擂茶(雑穀や豆などをすり潰した健康茶)も楽しみたいものです。

 

■苗栗(ミャオリー) ・大湖(ダーフー)エリア



台三線をさらに南下し、台湾中部に位置する苗栗(ミャオリー)県へ。

大湖(ダーフー)はツアーの中で最もローカルな山間部にありますが、
イチゴの名産地として有名。
露地栽培(日本と違ってハウスじゃないことにびっくり!)のイチゴ畑が
道の左右にずらーっと連なる景色に驚きます。
シーズンになると、台北をはじめ、台湾中に大湖産のイチゴが出荷されるのだとか。
降り立ったのは、山あいの谷川付近にある「大窩文史生態園区」。
日本統治時代に造られ、今も現役という狭小な水路をくぐったり、
客家の土地のスピリッツを感じながら展示会場へ向かいました。

 




ほわんと現れたオブジェは、藁でできた作品「茶窩」(范承宗)。
客家人にとって大切な産業であり、人の輪を紡いできた台湾茶ですが、
ポットを温めるティーウォーマーは、昔は藁でできており、
そうした客家の生活の工夫をかたちにしたものです。素朴でかわいいですね。






座ってひと休みしたり、中は交流の場

 


そこからほど近い場所には、生き物のように見えるオブジェが、
手つかずの自然の中に姿を現します。

 


 

『生命の痕』(伊祐嘎照)は、客家人を「種」として表現し、
この土地に根を下ろし暮らしてきた歳月を象徴したもの。
柔和な造形の美しさとともに、花蓮出身の原住民族(日本語でいう先住民族と同義語)である作者が
客家の歴史文化を理解し表現していることが、何より素晴らしいと感じる作品でした。

 

 

こちらは同じく、原住民族(屏東県出身)のアーティスト、安聖惠さんによる『編織記憶』。
白いロープ状の素材で編まれた造形物に、自然や生命の躍動感を感じます。
移住してきた客家人が原住民と関係を築き、土地に根付いていった様子を
「編む」というプロセスも含めて表現しています。
腰かけたり、靴を脱いで寝転んだり、自由に過ごせるアプローチも素敵です。



 


なぜ素材に白を用いたのか(汚れませんか)との問いに、
「だんだん大湖(この土地)の色になっていくから」と話す
アーティストの方の言葉も印象的でした。
大陸からやって来た客家の人たちは住む土地がなく、
主に新竹や苗栗の山間部に移り住む中で、原住民族との争いも起こりました。
けれど、長い営みの中、結婚などのかたちで少しずつ周囲と折り合いながら、今に至っているといいます。

客家人は商売上手、勤勉、倹約家などといわれますが、
その個性は開拓の歴史において、そうした人間同士の共存本能として生まれる
粘り強さや厳しい自然との共生の上で培われてきたのではないか、と実感。
だからこそ、そこから派生する作品の優しさ、ダイナミックさは見応えがありました。
今回はあいにく雨の中のツアーでしたが、
道々ずっと、ある時は包み込むような、
ある時は迫りくるような、自然の美しさに圧倒されていました。

 

目にしたことのない植物や山々の緑が生き生きと精気を放ち、
そこに人間の手で創造された作品が溶け込む様は、
まさしく自然との共生であり、生命の息吹き、家族や人と人のつながり……
瞬間瞬間、この上なく美しい魂に触れられたような、センス・オブ・ワンダーな旅に。
各エリアはアクセスが困難な場所も多いですが、
その分、普段出会えないものに遭遇する発見や楽しさも待っています。
客家人の逞しくもしなやかな道のりをたどる旅。
あなたの行ってみたいリストにぜひ加えてみてください。



ニンジンスタジオのニンさん・ジンさん、ブロガーのRieさん、お誘いありがとうございました!






#Made in Taiwan 17


スパと客家料理が楽しめる
大湖の立ち寄りスポット『湯神温泉会館』



客家料理が堪能できるカジュアルな温泉ホテル。客家料理は基本、保存のきく乾物などを使った塩辛い味で知られますが、台湾の客家料理は肉料理や揚げ魚、地元の野菜も豊富でどれも口に合う美味しさでした。温泉用の水着も販売されているので、宿を拠点に、のんびり大湖の作品と大自然を満喫するのもおすすめです。

[住所] 苗栗縣大湖郷大寮村大窩1-10號 
[露店風呂開放時間] 9:00〜22:00(200元・週末は150元)
[宿泊] 2人部屋3300元〜
http://ts-spa.com.tw
[アクセス] 台鉄「苗栗駅」から「大湖、卓蘭」行きの5656番・苗卓線バスに乗り、「大湖郷公所」バス停下車。5655番に乗り、「老糖廠」で下車。そこから徒歩15分ほど。

 



●写真・文/前田亜礼


■■プロフィール■■
●前田亜礼(まえだ・あれい)/福岡市在住フリーランスライター。
大分県日田市出身。台北のガイドブック執筆をきっかけに、2009年から台湾へ。
以来、仕事の合間を縫っては気まま旅を楽しんでいます。いつかは台湾暮らしを夢見て、中国語と二胡を修業中。