想いにふれる メイドイン

もうすぐ夏至…6/21(金)。 日が長いね。

event

12/10(木)
映画がみにいきたくなる夜 at TAGSTÅ

 mikado_2015_12_01


 

小柳 帝、映画のタイトルバックを語る


ライターであり編集者であり、
翻訳者でありフランス語講師でもある小柳 帝さん。

CDやDVDの解説、映画パンフレットの執筆を多数てがけ、
これまでも、月に1度の講座(映画塾@ROVA)等を通して、
福岡に映画好きを増やし続けてきました。

そんな帝さんのトークイベントが決定!

映画ファンのみならず、
グラフィックデザイン、アニメーション、映像等に関心を持つ方にもおすすめの
「話し:小柳 帝 聞き手:森重 裕喬(MIKADO)」による、
“ならでは”の視点がたっぷり盛り込まれた映画話をお聞き逃しなく。



話題①
何気なく観ているタイトルバックにデザイナーがいた!~パブロ・フェロ編~

メインとなるのは、映画のオープニングやエンディング・シークエンスを意味する
「タイトル・バック」のお話。
『アダムス・ファミリー』『メン・イン・ブラック』
『博士の異常な愛情』『ストップ・メイキング・センス』など、
さまざまなジャンルのタイトルバックをデザインした
Pablo Ferro(パブロ・フェロ)を特集。


話題②
バビロンノートってなんだ?

小柳 帝 氏の新著『小柳 帝のバビロンノート~映画についての覚書2~』のお話。
多彩な情報と熱のこもった映画トークを記録した、永久保存ハンドブック!
※品切れだった「vol.1」も重版発売されます



■■ 映画がみにいきたくなる夜 ■■
『小柳 帝のバビロンノート~映画についての覚書2~』出版記念トーク

話し:小柳 帝 聞き手:森重 裕喬(MIKADO)


【日時】
2015年12月10日(木)
開場 20:00/開演 20:30/終演予定 22:00

【参加費】
1500円+1ドリンクオーダー

【定員】
50名

【申込み方法】
『MIKADO』予約フォームにて。 →☆
http://mikado-info.jp

【会場】
『TAGSTÅ』
福岡市中央区春吉1-7-11 スペースキューブ1階
℡:092-724-7721
http://www.tagsta.in

【協力】
『organ』
http://organ-online.com/