想いにふれる メイドイン

立冬の頃。冬の気配が感じられるね

topics

November 10, 2015

【report】me-moriアート展

11月15日(日)まで大手門のギャラリー「design stage d plus」で開催中!

「Have Some Fun!」の個展「me-moriアート展」に行ってきました。

「Have Some Fun!」は東日本大震災を機に東京から福岡県に越してきた筒井貴志・美由紀夫妻の工房というか、企画ユニットと言うか…。
「親子の絆」をテーマに二人が企画したアイデアを、地元福岡・筑後のデザイナー、作家、職人、メーカー、生産者らとタッグを組んで商品化しています。

その代表作が、賃貸住宅が多い現代の住宅事情でも子どもの成長を刻める“引っ越しできる柱のキズ”「me-mori」で、 2013年福岡県デザインアワードにも入賞。
今回の個展では、国内外のアーティストや職人とコラボした「me-mori」を中心に、「Have Some Fun!」の愛情いっぱいでユニークな商品を展示販売しています。

ポジトロン、Alfred Hawkins(LA)、Keith Tamashiro(LA)など国内外のデザイナーや職人とのコラボモデルが並ぶ。

ポジトロン、Alfred Hawkins(LA)、Keith Tamashiro(LA)など国内外のデザイナーや職人とのコラボモデルが並ぶ。

子どもに大人気のビー玉転がし(手前)は、「me-mori」の裏面に溝を刻んだもの(オプション)。

子どもに大人気のビー玉転がし(手前)は、「me-mori」の裏面に溝を刻んだもの(オプション)。

[左]「工房まる」のアーティストとのコラボ作品も。[右]くるくる巻ける「me-mori roll」に、ちょっとひねりの効いたイラストが楽しい親子ペアTシャツ「"Tie"-shirt」。どちらもパッケージもユニーク!

[左]「工房まる」のアーティストとのコラボ作品も。[右]くるくる巻ける「me-mori roll」に、クスッと笑える楽しい親子ペアTシャツ「”Tie”-shirt」。どちらもパッケージもユニーク!

会場にはビー玉転がしや窓ガラスに落書きできるコーナーもあり、お子さんも楽しめそう。
14日(土)には、無地の「me-mori」を親子で自由にペイントするワークショップも企画されています。【G】

◎イベント情報はコチラ→☆