想いにふれる メイドイン

event

10/10(土)~10/25(日)
音のある生活~カテリーナ古楽器研究所~
at 望雲






中世・ルネサンス期の音と楽器に触れる
古楽器研究会×望雲の展示会



中世・ルネサンス期の古楽器を長年、
復元・製作してきたカテリーナ古楽器研究所

その展示会が『望雲(ぼううん)』で開催されます。


「現代楽器のルーツである古楽器、
 その楽器のルーツを探る旅は果てしなく終わりのない旅路。
 
 今回はそんな多くの種類を持つ古楽器の中から開放撥弦楽器をテーマに、
 生活の中で自ら奏でられる音があったらという願いを込めて。
 中世のテーブルをイメージして、rinn to hitsujiの蝋燭と共に展示いたします。」

と、カテリーナ古楽器研究所の松本未來さん。


展示されるのは、弦楽器・プサレテリウム(サルタリー)、Baby Lyre ほか、
燭台、TENONのエプロン等の布物、蝋燭(rinn to hitsuji)、
カテリーナのCDとセレクトした古楽のCDなどなど・・・

中世の世界観や音、楽器のルーツに興味のある方には、垂涎もののこの機会。
会場は小さなギャラリーなので、お出かけの際は、
実施されている感染予防対策(下記参照)もよく読んで、足を運ばれてください。


*カテリーナ古楽器研究所*

1972年より東京にて工房を開設し、中世・ルネサンス期の古楽器の復元が始まった。
チェンバロをはじめ、管弦打楽器を製作し古楽器の世界を旅してきた。
1991年に森や木々に近い大分県山香に拠点を移し、カテリーナの森の中で衣食住の循環生活を営み、
木々を育て、音を作り、楽器を製作し、親子二代で作る古楽器は裾野を広げてきた。2018年より二代目松本未來が主宰。

 

■■ 音のある生活~カテリーナ古楽器研究所~ ■■

 

【日時】
2020年10月10日(土)~10月25日(日) 13:00~19:00
※10/24(土)は演奏会のため16:00まで

 

【作家在廊日】
※会期中の土・日曜
10月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)


【場所】

『望雲 507号室』
福岡市中央区渡辺通2-3-27 待鳥ビル507 →MAP

 

■カテリーナ古楽器研究所の演奏会
※満員のため申込みは締切ました
[日時]
10月24日(土) 開場 17:30/開演 18:00 ※予約制

[料金]
3000円

[定員]
15~20名予定

[出店]
minna food

 

【実施されている感染予防対策
お客様に安心してご来店頂けますよう、細心の注意を払い開催いたします。
ご来店時は下記ご協力お願い申し上げます。
・ご来店時はマスク着用をお願い致します 
・少しでも体調の悪い方はご来店をお控えください 
・入店時は手元の消毒をおねがいいたします 
・入店人数を制限させていただく場合もございます 

 

【問合せ】
℡:092-733-1135(望雲)
http://bouun.shop-pro.jp