想いにふれる メイドイン

立冬の頃。冬の気配が感じられるね

event

11/1(金)~12/1(日)
錆枝 陶展 “silhouette” at TAGSTÅ


 

シルエットのひとつひとつが絵になる
sabie(錆枝)の新作展がスタート

 

ハンドドリップやエスプレッソを気軽に楽しめる
街角の立ち飲みスタンドとして、
また、国内外の選りすぐったアーティストや
クリエイティブの発信地としても知られる『TAGSTÅ(タグスタ)』。
 
そのTAGSTÅで、福岡在住の陶芸家 花田勇樹・智枝子による
プライベートポタリー『sabie(錆枝)』の陶器展が開催されます。
 

「今回の展示販売では、
 お二人が大切にされているシルエット(輪郭)に
 注目した展示構成により、
 作品ひとつひとつのシルエットから
 新たな錆枝作品との出会いになればと思っております。」
 
と、TAGSTÅオーナーの橋口さん。


現在進行形のsabieが生み出す、
いにしえの絵画のような、アンティークな佇まい。

その魅力に触れてみてはいかがでしょうか。







◎sabie 公式サイト →

◎TAGSTÅ 公式サイト →

 

 

■■ 錆枝 陶展 “silhouette” ■■
 
【日時】
2019年11月1日(金)~12月1日(日) 7:00~20:00
 
【会場】
『TAGSTÅ GALEERY(タグスタ)』
福岡市中央区春吉1-7-11 スペースキューブ1階 →MAP
 
【問合せ】
TEL:092-724-7721(TAGSTÅ)
http://www.tagsta.in/