想いにふれる メイドイン

秋分。夜が段々長くなるね~

event

7/27(土)~8/11(日)
makiko nakagami glass works
at 望雲






ビルの一室で息づく
ガラスと植物の空間



富山県在住。日常使いの器を中心に吹きガラス作品を制作している
ガラス作家・中神牧子さんの新作展が行なわれます。

会場は、西鉄薬院駅そばの古いマンションの一室。
作家もの、手仕事による日用品などの常設と、
年に何度かの企画展を開催しているギャラリー『望雲(ぼううん)』。

今回は「ガラスと植物の空間」ということで、
花屋『cache-cache(カシュカシュ)』の植物も一緒に楽しめる内容に。
ガラス作品とともに、植物も購入することができます。

さらに8月3日(土)、4(日)は
作家・中神さんの在廊に加え、
『夏の和菓子』もやって来るスペシャルデー!
「海は青い」をテーマにした石山仁美さん(※1)の生菓子とお干菓子も販売されます。

こちらは持ち帰りのみ、売切れ次第終了となるので、
いろいろしっかり楽しみたい方は、早めにお出かけすると良さそうですね。

(※1)石山仁美…福岡で和菓子の製造に携わりながら、風景のひとつとなれるようなお菓子をお届けできたらと日々製作中。

 

 

■■ makiko nakagami glass works ■■
 
【日時】
2019年7月27日(土)~8月11日(日) 13:00~19:00
※期間中水曜休み
 
【作家在廊日】
8月3日(土)、4日(日)
 
【場所】
『望雲 507号室』
福岡市中央区渡辺通2-3-27 待鳥ビル507 →MAP
 
【問合せ】

℡:092-733-1135(望雲)
http://bouun.shop-pro.jp