想いにふれる メイドイン

もうすぐ秋分。夜が段々長くなるね

column

May 29, 2019

ひとしずくの台湾 ーMade in Taiwanを探しにー
drop11 旗津半島でシーフードパラダイス

福岡市在住フリーランスライターが綴る
「Made in TAIWAN」をテーマにしたアレコレ。
仕事でもプライベートでも、何度でも訪れてしまう台湾の魅力を
ゆるゆると発信します。
by arei maeda
  

高雄・旗津海水浴場

 



drop11 旗津半島でシーフードパラダイス

 

新緑が眩しい季節から梅雨へと…。
活動的になる夏本番を前に、今回は台湾の南にある港町・高雄で
フェリーを利用した小旅行を紹介します。

高雄といえば、海産物のメッカとして知られるところですが、
市内の西方、高雄港に隣接する旗津(チージン)半島もまた、
シーフードや海遊びが楽しめる観光スポット。

旅行者のみならず、地元の人も出かけるローカルな場でもあります。

旗津へは、MRT西子湾から歩いて10分弱の「鼓山」渡船場から乗船。

 

料金は一人片道40元(150円程)。フェリーは大体10~15分間隔で出ています(早朝5:00~深夜2:00)

旗津へはバスやタクシーを使って陸路でも行けますが、旅気分を盛り上げるなら船でぜひ

 

10分足らずの船旅ですが、風を感じながら海上から町の様子を眺めるのもいいもの。

フェリーターミナル『旗津輪渡站』に到着したら、
何はともあれ腹ごしらえから。

ターミナル近辺にも飲食店は多数ありますが、タクシーをつかまえて、
ゲストハウスのオーナーからもオススメされた『萬三小吃部』を目指しました。

 

『萬三海鮮餐廰』は半島の真ん中あたり。フェリーターミナルからタクシーで10分ほど(約4.5km)

家族や大人数で来れる広い店内

 

足を踏み入れると、ごった返す人の波と
ずらりと並ぶ海鮮メニューに目移りしてオロオロ状態になりますが、
まずはお店の方に「来たよー」とアピールして席を確保(笑)。

次に、レジで金券を購入したら、
食べたいメニューと引き換えるシステムです(残った金券は換金できます)。

 

言葉がわからなくても、身ぶり手ぶり&笑顔でなんとかなるもの

 

 

 

1皿は100〜300元ほど。
嬉しいことに、サービスで旬のフルーツ盛りが出てきます。
※平日限定と書いてありましたが、訪れたのは日曜日。パイナップル盛りのサービスがありました!

 

シーフードに負けず劣らず、フルーツもパラダイス!

器やお箸、ご飯・紅茶はセルフサービス。かわいいちびっこ家族との相席も「メイウェンティ(無問題)」ですね

 

 

エビ、蟹、タコ、貝といったシーフード、青菜炒めやチャーハン、
スープ各種まで充実し過ぎていて迷ってしまうので、ここは直感でセレクト。

鮮度抜群、お手頃価格の海の幸を、
久しぶりに集った友たちとしばし無言で(笑)堪能しました。


さて、半島はターミナルから南端まで片道約9kmほど。
帰り道はたまたまタクシーを拾えましたが、バスやタクシーは利用しにくかったので、
時間があれば、レンタサイクルやバイクでの移動がおすすめです。

今は台湾第二の都市の名を台中に取って代わられた高雄ですが、
港町特有ののんびりした空気感や出会った人たちのラフな優しさ、
旗津や瑞豊夜市といった海鮮パラダイスの魅力に浸れるスポットを含め、
いいところだなぁとしみじみ。

福岡をはじめ、主要都市から直行便があるので、
息抜きしたくなったらひとっ飛びするもよし、
「韓国で焼肉」感覚で「高雄で海鮮旅」はいかがでしょう。

 

毎週日曜日は露店が出て賑わうターミナル周辺

ターミナルから歩いて行ける「旗津海水浴場」も寄り道したいスポット。「暑いワンー」


 

 


#Made in Taiwan 11

  
甘酸っぱさにハマる『情人果』

『萬三』のフルーツコーナーで発見したのが、グリーンマンゴーの砂糖漬け!
マンゴーといえば黄色く熟した愛文が代表的ですが、
甘酸っぱいフルーツが好きな人はぜひ
「土芒果(土マンゴー)」という品種のグリーンマンゴーを。
『情人果』という名でドライフルーツとしてよく売られていますが、
生の砂糖漬けを味わったのは初めてでした。
プラムの香りと相まって、コリッとした食感がやみつきになるおいしさ。
3〜5月頃旅行するときは、フレッシュや砂糖漬けを味わってみてください。

■萬三小吃部(ワンサンシャオチープー)
[住所]高雄市旗津區中洲二路162號
[営業]10:30〜21:00
[休み]無休
  
  



●写真・文/前田亜礼


■■プロフィール■■
●前田亜礼(まえだ・あれい)/福岡市在住フリーランスライター。
大分県日田市出身。台北のガイドブック執筆をきっかけに、2009年から台湾へ。
以来、仕事の合間を縫っては気まま旅を楽しんでいます。いつかは台湾暮らしを夢見て、中国語と二胡を修業中。