想いにふれる メイドイン

夏至は6/21(木)。日の入りは19時頃 じゃ

topics

March 12, 2018

『アトリエ9cue』
~筑紫丘の秘密基地探訪~

 


 

 

わざわざ行かないと辿り着けない
『アトリエ9cue』ってこんなとこ

   


なんとなくじゃ見つからない
狙って行かないと辿り着けない。

そんな場所にある『アトリエ9cue』に行ってきました。

初めて訪れた時の衝撃は、今でも忘れられません。
住宅街の坂道を登りきったところに建つ一軒屋。
住民でなければ通りすがることなんてまずないところ。

そこになにやら気になる小さな灯りと看板が…。
改装されたガレージの奥は、まさに秘密基地というべく空間でした。

「こんな漫画?映画?
 みたいな場所ってホントにあるんだ!」

それが2011年頃のこと。

ギャラリーカフェとして週一で営業していたその店は、その後閉店し、
一部の限られたクリエイターや知人のみが出入りする場所となっていました。

それからかれこれ6、7年?
再びこの空間に灯がともる日がくるとは…。


  

住宅街の一角、それとなく雰囲気を醸し出すガレージ。

 ⇓
 

ポツンと灯った灯りに誘われて奥に進むと、木製の扉に「9」の文字と呼び鈴が。

 ⇓
 

呼び鈴を鳴らして中に入ると、今度はカーテン。

 ⇓
 

カーテンをくぐると、ついにアトリエ内へ。

 ⇓

低めの天井は穴蔵な雰囲気。

 

 

入口付近に机(9cueさんの定位置)と、この裏にバックヤードも。なにかと機能的。

 ⇓
 

スプーンやカトラリーも。

 ⇓
  

アトリエの壁や古い道具に溶け込む作品。

 ⇓

近づくとこんな感じ。

 ⇓
 

クマ on ねこ車。

 ⇓ 
 

ライオンも。

 ⇓ 
 

実験室のような、9cueさんの収集品を眺めるのも楽しい。

 ⇓ 
 

ネジや石ころが並んだこんな棚も。

 ⇓ 
 

ネズミ on カメレオン。こんなのに乗ってみたい。

 ⇓
 
 

他にもいろんなコがいます。

 
 
写真はほんの一部。
アトリエには、まだまだたくさんの作品が並んでいます。

「以前(ギャラリーカフェの時)とは違い、
 置いてるものも私の作品や、工具や道具ばかりなので
 ほんと、アトリエですね。
 
 内装もだいぶ変わって、前よりすっきりしてます。
 月に1~2回程度のオープンですが、
 作品をインスタとかで見かけて、興味がある方が来てくれるので、
 ゆっくり見ていただけたり、話したりできるペースも気に入ってます。」

と、9cueさん。

 

3月はひと休みして、
4月は21日(土)、22日(日)のオープン予定です。
 

 

この日の看板犬はこのコたち。ワンコはもうあと3匹、奥に控えておりました。

 
 
【会場】
 『アトリエ9cue(キュー)』
 福岡市南区筑紫丘1-14-8 →MAP
※駐車場は3台あります。


【問合せ】
℡:080-1727-7066(営業時間内のみ)

◎インスタグラム:『9mannish』→

◎9cueと『MADE IN…』が一緒に作った絵本
『cherry~ほっぺの軌跡~』についてはコチラ →

 

【いとなお】

 


  


 

 

 

 


ツイート