想いにふれる メイドイン

梅見月。今年の開花は2月中旬頃~

event

1/27(土)
骨董の器で新春の皆敷を楽しもう
at 豆豆的花(まめのはな)


  
  

カフェの特製サンドと愉しむ
新春の皆敷ワークショップ

   
    

本サイトの連載コラム(2015年11月~2016年10月)でもお馴染み、
『器と、そのまわり 杜鵑草(ほととぎす)』の新春皆敷講座が
赤坂の隠れ家的カフェ『豆豆的花』で行なわれます。

「皆敷」とは、器がなかった時代に、葉を器代わりに使ったのが始まりとされ、
現在では食べ物に新鮮さや季節感、風情を演出することを目的としたもの。
お料理の下に添える葉や枝のことを言います。

以下、講師を務める『杜鵑草』の代表・三嶋亜希子さんのコメントです。

 

「『豆豆的花』さんは新春を飾るにはとてもいい空間、
 雰囲気も大人の隠れ家といった感じの素敵なところです。

 今回は、豆豆的花さん特製のサンドイッチを盛りつけてみようと思います。

 ワークショップをとおして日本の今に至る食文化に触れ、
 日頃ご自宅で作られるお料理に
 ちょっとしたアイデアと、“思い”を葉っぱにプラスすることで、
 素敵なアクセントをつけられることを体験して頂けます。
 みなさんの五感を刺激するワークショップにしたいと思っています。

 いつもご参加頂いている皆さん、初めてご参加される皆さん、
 どなたでもお気軽に参加頂けるワークショップです。
 皆さんとワイワイ楽しみながら一年のスタートを切れたらとっても嬉しいです。」
  

 

『豆豆的花』

 


◎『器と、そのまわり 杜鵑草』公式サイト →

◎連載コラム『季節のうつわと皆敷』 →

◎『豆豆的花』公式サイト(Facebook) →

 

 

■■ 骨董の器で新春の皆敷を楽しもう ■■

 

【日時】
2018年1月27日(土) 11:00~14:00

 

【会場】
『豆豆的花(まめのはな)』
福岡市中央区赤坂3-4-47 →MAP

 

【参加費】
3800円(ワークショップ、食事・コーヒー代込)
※料理…特製サンドイッチ、他

 

【募集人数】
15人

 

【申込み方法】
お名前、ご連絡先、参加人数を「フォーム」にてご連絡ください。
※フォーム「ご用件」の項目は「そのほか」を選んでください。

 

【問合せ】
℡:090-4758-3496(三嶋)
Mail: info@hototogisu.me

 

 


ツイート